心 の 赴くままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 本格派ラブストーリー「ラブレイン」の鑑賞ポイント

<<   作成日時 : 2012/03/25 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ホニィファンの私ですが「ラブレイン」を機に、そのドラマとグンちゃんの事を追って行きたいと思います

本格派ラブストーリー「ラブレイン」の鑑賞ポイント

画像


ユン・ソクホ監督の新作で、KBS 2TVの月火ドラマ「ラブレイン」が26日から放送開始となる。

1970年代の純粋な愛を通じて切ない初恋を思い起こさせ、今の世代も共感できる2012年のトレンディな恋物語を描き、時代や世代を越えた愛の本質について迫るドラマ「ラブレイン」。初回放送を前にし、知っておくとドキドキ度がアップする「ラブレイン」の鑑賞ポイントを公開する。

70年代と2012年を行き来するチャン・グンソク、少女時代 ユナ、キム・シフの一人二役の幅広い演技

「ラブレイン」は、1970年代と2012年の2つの時代が同時に登場し、180度違う一人二役の演技を披露する若手俳優の演技の変化に期待が集まる作品。

70年代の優しくて紳士的な美大生ソ・インハと、2012年のつっけんどんなフォトグラファー、ソ・ジュンを演じるチャン・グンソクは、相反する性格の人物を同時に演じ分け、180度違った魅力で女心をくすぐると予想される。特に正統派の恋愛ドラマで、深い眼差しと成熟した演技を披露しているチャン・グンソクは、俳優として幅の広い演技を披露してくれるものと期待されている。

70年代の純粋で多情多感な「キャンパスの女神」キム・ユニと、2012年の明朗活発な大学院生チョン・ハナ役を演じ、男のロマンを掻き立てる「ラブレイン」のヒロインを演じるユナは、女優として一層成長した姿を披露する予定である。70年代のロマンティックな雰囲気のプレイボーイ、イ・ドンウクと、“ペットのような”医師イ・ソンホ役で母性本能をくすぐるキム・シフも、独特な魅力で関心を集めている。

「映像美の大家」といわれるユン・ソクホ監督の色彩の饗宴!自然光で映し出す水彩画のような画面と映画のような映像美

すでに予告映像が公開され、映画のような優れた映像美で早くから話題になっている本作品は、「春のワルツ」「夏の香り」「秋の童話」「冬のソナタ」の四季ドラマシリーズで並外れた映像美を披露してくれたユン・ソクホ監督と、KBSドキュメンタリー「茶馬古道」で2006年クリメ賞大賞と2008年放送大賞撮影賞を受賞し、最近はドラマ「ブレイン」まで、多数のドラマに参加してきたKBSの看板撮影監督ペク・ホンジョンがタッグを組み、映像美を披露する。

季節ごとの美しい色を出そうと、長期間に及び自然光を探し回ったというユン・ソクホ監督は、70年代のキャンパスのロマンを表現するために、去年の秋から撮影に入る職人気質を発揮し、空間に映る色合いと木の葉一枚一枚や雨足まで、豊富な色を繊細にキャッチし、五感を刺激するみずみずしい映像美を披露する。

また、KBSドラマ「チュノ〜推奴〜」で有名になったレッドワンカメラを使い、編集にかなりの時間を要するにも関わらず、5回にわたる70年代の映像全部をレッドワンカメラで事前に制作した。さらに、2012年の美しい雪景色が広がる北海道ロケでは、映画撮影でよく使われるALEXA(アレクサ)のカメラを用いてトレンディーながらも奥行きのある自然な映像で、俳優の表情と感情を捉えることができる。

このように、毎回美しい映像を披露する「ラブレイン」は、70年代のアナログ的な風景と2012年の現代の映像で視聴者の目を楽しませるのに十分なドラマと言えるだろう。

ユン・ソクホ監督と脚本家オ・スヨンの再会にイ・ミスクとチョン・ジニョンの共演…完成度の高い恋愛ドラマ

「秋の童話」と「冬のソナタ」で、恋愛ドラマ界にその名を刻んだユン・ソクホ監督と脚本家オ・スヨンが10年ぶりにタッグを組んだ「ラブレイン」は、近年定番化しているラブコメディーのスピーディーな展開よりは、人間本来の感性を描いている叙情的なラブストーリーを展開し、本格的な恋愛ドラマの帰還を予告している。

また、若者たちの愛はもちろん、イ・ミスク(2012年キム・ユニ)とチョン・ジニョン(2012年ソ・インハ)の切ない大人の愛を描き、中高年層にはその時代のノスタルジーを、今世代には変わらない愛のときめきを見せ、完成度の高い恋愛ドラマを披露する予定である。

画像


チャン・グンソク、ユナ、そしてユン・ソクホ監督が語る「ラブレイン」の鑑賞ポイント
チャン・グンソクは、「『ラブレイン』は、インスタントな恋ではなく“待ちの美学”が存在するドラマであり、70年代のインハとユニの純粋な恋物語が、ゆっくりとときめきを与えてくれると思う」とし、期待感を示した。

ユナは、「最近ではなかなか見られない繊細な雰囲気を持つ純粋な本格恋愛ドラマで、1970年代と2012年を同時に見ることのできる新鮮さがある」と付け加えた。

ユン・ソクホ監督は、「初回の放送で、チャン・グンソクとユナの演技者としての変身に驚くだろう。今まで見たことのない新たなチャングンソクとユナの魅力を垣間見ることができる」とし、「美しく純粋で温かい、情緒的な満足を与えてくれるドラマとして、長らく視聴者の記憶に残る作品になることを願っている」と語った。

70年代の思い出を大事にしている中高年層はもちろん、今の世代の感性にまで訴えかけると期待される「ラブレイン」は、3月26日の夜9時55分に第1話が放送される。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
本格派ラブストーリー「ラブレイン」の鑑賞ポイント 心 の 赴くままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる