心 の 赴くままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS チャン・グンソク&ユナ主演「ラブレイン」監督の才能光る

<<   作成日時 : 2012/03/27 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チャン・グンソク&ユナ主演「ラブレイン」監督の才能光る

画像


ドラマ「ラブレイン」の第1話が放送された。

26日夜に第1話が放送されたKBS 2TVドラマ「ラブレイン」(脚本:オ・スヨン、演出:ユン・ソクホ、制作:ユンスカラー)が、順調な滑り出しを見せた。

「ラブレイン」は、1970年代と2012年を生きる青春のストーリーを通じ、異なる時代でも本質は変わらない愛や友情、夢を描いたドラマだ。

この日の放送では、1970年代を生きる主人公のストーリーが主に描かれた。ソ・インハ(チャン・グンソク)とソ・ユニ(少女時代 ユナ)の映画のような出会い、インハに片想いするペク・ヘジョン(ソン・ウンソ)、音楽喫茶店のキム・ドンウク(キム・シフ)、韓国大学の学生キム・チャンモ(ソ・イングク)の初登場が描かれ、その時代の雰囲気を醸し出している。

出演陣の好演も視線を集めたが、何より際立っていたのはユン・ソクホ監督だ。1970年代の雰囲気を醸し出す色彩とBGMなど、ユン・ソクホ流の恋愛の真髄を見せたと言っても過言ではない。

ソ・インハの「1、2、3秒、私は恋に落ちた」というナレーションや、その気持ちを表現できないインハの様子は、1970年代の情緒をうまく見せており、BGMによって若い俳優に一昔前の哀愁を刺激させる演出はまさに、ユン・ソクホ監督の才能だ。

それだけでなく、チャン・グンソク、ユナ、キム・シフ、ソ・イングクらが、1970年代を生きた俳優でないにも関わらず、その時代をうまく表現し、視聴者をのめり込ませるのも、ユン・ソクホ監督だったからこそ可能だったことだ。

このように「ラブレイン」は、出演陣の熱演とユン・ソクホ監督の演出力、脚本家オ・スヨンの完成度の高い台本により作り上げられた作品だ。3拍子揃った「ラブレイン」は、名ドラマの誕生を予感させる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
チャン・グンソク&ユナ主演「ラブレイン」監督の才能光る 心 の 赴くままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる